産業廃棄物の中間処分・収集・運搬は有限会社角田油業(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・山口・広島)まで。
産業廃棄物の中間処理・収集運搬・ドラム缶リサイクルは(有)角田油業にお任せください。
産業廃棄物の中間処分・収集運搬・ドラム缶リサイクルは(有)角田油業にお任せください。電子マニフェスト運用事業所です。 
           
  ホーム    環境配慮への取組み   
  会社概要  

角田油業では、環境配慮の取り組みを効果的・効率的に、そして継続的に実践していくため、環境省が策定した環境経営システムである『エコアクション21』に取り組み、平成25424日付けで認証・登録されました。

主要な環境目標とその実績は以下の通りです。

□二酸化炭素排出量の削減
□電力使用量の削減
□軽油使用量の削減

※年に1度、実績を公開していきます。

平成24年度(基準年度より1%削減)

環境目標

平成235月~
平成244

平成245月~
平成254

平成245月~
平成254

基準年度

目標

実績

1

二酸化炭素総排出量の削減
(㎏-CO2

280,864

278,223

304,033

未達成

2

電力使用料の
削減

kWh

41,473

40,625

37,927

達成

3

軽油使用料の
削減

99,500

98,505

108,691

未達成

試行期間を除き1年間の活動を初めて経験した年であった。
電力使用量は、LED電灯の導入もあり達成できたが、軽油使用量は、なかなか削減が難しかった。

次年度は、省エネ運転のための意見交換会を導入予定。

平成25年度(基準年度より1.5%削減)

環境目標


平成235月~

平成244
 

平成255月~
平成264

平成255月~
平成264

基準年度

目標

実績

1


二酸化炭素総排出量の削減
(㎏-CO2

280,864

276,618

280,122

未達成

2


電力使用料の
削減

kWh
 

41,473

40,419

35,810

達成

3


軽油使用料の
削減


 

99,500

98,008

101,473

未達成


電力のLED化は前年に引き続き継続した。社員全員の意識も高まり電力使用量も昨年に引き続き達成できた。
軽油の使用量は、目標値の達成こそかなわなかったが、昨年よりも目標値に近づいた。
省エネ運転のための意見交換会の導入の効果が見えた年度であった。
 

平成26年度(基準年度より2%削減)

環境目標


平成235月~
平成244
 

平成265月~
平成274

平成265月~
平成274

基準年度

目標

実績

1


二酸化炭素総排出量の削減

(㎏-CO2
 

280,864

275,412

249,844

達成

2


電力使用料の
削減

kWh
 

41,473

40,214

33,998

達成

3


軽油使用料の
削減


 

99,500

97,510

89,059

達成


電力のLED化は前年に引き続き継続した。省エネ運転の意見交換会や環境配慮のための研修会、防災訓練など
社員全員参加の行事も増えるに比例するかのように意識も高まり電力、軽油そして二酸化炭素の削減も達成できた。大きな達成感を感じられた年度であった。
 

データ集計は、平成278月末

  環境方針  
  事業内容   
   中間処分(廃油)  
   中間処分(オイルエレメント)  
   ドラム缶リサイクル  
   その他事業  
   
  許可一覧  
  所在地  
  問合せ・見積り  
環境配慮の取組
 
 Copyright(c) 2008 産業廃棄物の中間処分・収集・運搬の(有)角田油業.Allrights reserved