産業廃棄物の中間処分・収集・運搬は有限会社角田油業(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・山口・広島)まで。
産業廃棄物の中間処理・収集運搬・ドラム缶リサイクルは(有)角田油業にお任せください。
産業廃棄物の中間処分・収集運搬・ドラム缶リサイクルは(有)角田油業にお任せください。電子マニフェスト運用事業所です。 
           
  ホーム    産廃用ドラム缶リサイクル概要   
  会社概要   スクラップドラム缶は内部がスラッジ等で汚れていますと、再使用ができなくなり、溶解しメタル材料としてリサイクルします。
当然、かなりの熱量が必要となります。当社では、そのドラム缶をオープン缶に再生することで色々な使用方法があり容器として売却しております。
そうすることで、スクラップドラム缶から廃棄物は一切排出されません。溶解する必要もなく環境負荷の軽減に役立っていると考えています。
  環境方針  
  事業内容   
   中間処分(廃油)  
   中間処分(オイルエレメント)    再生ドラム缶の利用方法
   ドラム缶リサイクル    現在、焼却処分場等は廃棄物を密閉できる容器に入れないと引き取ってくれない場合が多いので需要が高まってきています。
 
 1.内部のキレイなドラム缶は、製品のオイル等を入れる容器として利用。
    機械作動油等を抜き取り、機械修理後修理後に再度充填利用する時。

 2.内部に汚れや残渣がある場合は、産業廃棄物(汚泥、廃油、廃塗料、
    スラッジ、汚れたウエス、エレメント等)の容器として利用。
    特にフタが開くオープンドラム缶は作業が行いやすいです。
   その他事業  
     
  許可一覧  
  所在地  
  問合せ・見積り  
  環境配慮の取組    再生されたリサイクルオープン型ドラム缶
再生ドラム缶
購入希望の方は見積りやお問合せをお気軽にどうぞ!
 
           
       ドラム缶再生工程  
      ドラム缶再生工程  
       
           
 
 Copyright(c) 2008 産業廃棄物の中間処分・収集・運搬の(有)角田油業.Allrights reserved